第3回多文化共生交流会実施

12月13日午後に福知山市社会福祉協議会様に会場をお借りして第3回の多文化共生交流会を小さなクリスマスパーティーとして実施致しました。

今回は福知山市連合婦人会からも会長と副会長が参加して頂き、お善哉を振る舞っていただきました。

またクリスマスパーティということで、チキンの丸焼きとボリビアのソールフードであるエンパナーダを作って来ていただきました。

先ずは簡単な挨拶を英語、スペイン語、ポルトガル語、タガログ語で勉強したのですが、挨拶をスマイルをしながら行うという日本人にはなかなか難しい課題があり、皆さん少し苦労していたみたいです。また翻訳ソフトで調べてテキストを作っていったのですが、現地の人に聞くと、たとえば「さよなら」ひとつとってもその時々によって少し違うたみたいで外国人が日本語を学ぶ難しさを少しだけ体験することが出来ました。

お勉強の後は皆で作って来ていただいた料理を楽しみながら各々交流を深めて頂けたようです。

このコロナ禍の中、なかなか人と話す機会が無い外国人にとっても、この交流会が少しでも笑顔を出せる場所になれば良いと思います。

次の交流会は来年2月7日(日曜日)午後2時から午後5時まで、今回と同じく福知山市社会福祉協議会の2階で開催します。

何方でも参加できますので、興味のある方は下記までご連絡ください。

電話 0773-45-3508(NPO法人京都丹波・丹後ネットワーク)

メール tantan@kyoto-tantan.net