10月24日、福知山社会福祉協議会さまに会場をお借りし、久しぶりに国際交流の場を設けました。
コロナ禍でもあり、広い場所、少ない人数で行いましたが、大学生も参加してくれ、キックボクシングのパフォーマンスやシェフの作ってくれたオムライスを楽しみました。また、ブラジルの日系の方の福知山での暮らしの中でどんな思いを感じているのか、日本に来てまだ1年も経たないオーストラリア出身の人がどうやって日本語を身につけたかなどのお話を伺い、多文化共生社会への課題とワクワクを共有することが出来ました。