特定非営利活動法人 京都丹波・丹後ネットワークは京都府北部のNPOや任意団体の新たなネットワーク作りをサポートしていきます。

平成23年2月5日 お米の交流会

里山スタイル

里山が永遠に輝くために

2月5日に「お米の講演会&交流会」を福知山市の三和荘で開催しました。

当日は朝早くからにも関わらず、会場が一杯になる60名以上の方に来ていただきました。

また、多くの報道陣の方にも来ていただき、農業への関心の高さがうかがい知れます

午前中は「かかりつけ農家」として有名な井上吉夫さんの「農家が自立するということ」というお話を2時間に渡りお話いただきました。

午後からはお米の食べ比べということで、中丹の里山で採れたお米8種類とスーパーのお米、それと今回はお隣の兵庫県の村岡町のお米、全部で10種類を食べ比べていただき、その評価をしていただきました。

結果は、1票差でしたが今回講師をしていただいた井上さんのお米が最も美味しいと思われるお米に選ばれました。

パナソニック株式会社 ホームアプライアンス社で消費生活アドバイザーをされている 加古さおりさんの お米の美味しい炊き方などのお話をはさんで4時間ほどの交流会でしたが、50名以上の方に参加していただく事が出来ました。

今回の交流会からもお米への関心は高く、安心・安全と美味しさを追求することの重要性を改めて認識することが出来ました。

今回アンケートに多くの方々のご協力をいただきましたので、下記に掲載させていただきます。

アンケート1
  井上吉夫さんの講演の感想

アンケート2

  農業を守るためにはどのようにすれば良いのか
   獣害に対する対策について

アンケート3

   消費者のお米を選ぶ基準等

 

ご意見、ご質問は tantan@kyoto-tantan.net まででお問い合わせください。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 平成23年2月5日 お米の交流会

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://kyoto-tantan.net/mt/mt-tb.cgi/13

コメントする